2009年02月19日

Red Bull


東京ウォーカーニューストピックより引用。
http://news.walkerplus.com/2009/0218/16/
世界初の“スモール缶”発売

「Red Bull(R)Energy Drink(レッドブル・エナジードリンク)185ml」(200円)が3/3(火)より、全国の主要コンビニエンス・ストアで販売を開始する。・・・これまで、250ml缶(275円)は発売されていたが・・・(略)



我らがオーストリアの誇り、レッドブル

日本での販売も順調なようですね〜!
関係ないのにうれしい(笑)

成分そのままに容量を小さくだなんて、なんだか魔法みたいな・・・。
何でも小型化がすきな日本らしいニュースですね。

結構マニアックな味がして、はまっちゃうと次々飲みたくなるんですよね。
ウィーンではしょっちゅうレッドブル飲んでいました〜。

でも、カフェインも多いし飲みすぎやアルコールとの摂取はよくないとかいてあります。

2本飲むとしぬっていうのは、タイ限定の話らしいです。



レッドブル公式サイト
http://www.redbull.jp/


ウィキペディアーレッドブル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%AB


それと、ウィーンで売ってる、レッドブルコーラ!

09redbullcola.JPG

特に栄養満点ってわけでもなく、ちょっと微妙なハーブ風味コーラでした(笑)

でも、日本では売ってないし、珍しいから、ウィーンみやげになるかしら。。。?


つづき。
posted by Alice at 20:44| ウィーン ☁| 名物とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

世界の物価ランキング

高い生活水準を誇るウィーンですが、それなりにコストもかかりますね。

都市部が密集していることにより家賃が高額になりがちなことや、海がないために物流が陸路に偏っている事、税率が高めであること(その分の恩恵は十分にあるが)など、「外国人にとって」ウィーンでの生活費は結構かかってしまう。

09yuubinntyokinn.JPG
(↑お金の話に絡んで、ウィーンの郵便貯金会館です。)


2009年にはいって、円高(主にポンド、ユーロの下落)が進んでいるので、円ベースで生活している人(留学や日本企業からの出向)は、大喜びで、逆に現地通貨で生計を立てている人は、大ショックを受けている事と思います。

急激に進んだ円高で、輸入(※日本にとっては輸出)した日本製品が高騰しているようです。日本食材や日本車は、もろに影響を受けています。


けれど、下のデータは2008年のものなので、ユーロが強かったときのデータにもかかわらず、東京が第2位になっているところが興味深いです。

世界の生活費ランキング

2009年はこちら↓
http://www.finfacts.ie/irishfinancenews/article_1016156.shtml



Mercer Cost of Living Survey – Worldwide Rankings, 2008
http://www.finfacts.ie/costofliving.htm

1.モスクワ
2.東京
3.ロンドン
4.オスロ
5.ソウル

7.コペンハーゲン

11.大阪
12.パリ

19.ウィーン

22.ニューヨークシティ


37.ミュンヘン
38.ベルリン


※調査対象が、現地に暮らす人ではなく、駐在生活を送る場合を想定しています。
つづき。
posted by Alice at 18:30| ウィーン 🌁| ウィーンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする