2008年03月20日

アンテナをはろう。

ウィーンでは様々な催しがいつも行われています。
それは、ウィーンの魅力のひとつだと思います。

08event.JPG

有名なイベントを挙げるならば、
 春はイースターマーケット。
 夏は市庁舎前のフィルムフェスタが2ヶ月も続き、
 シェーンブルン宮殿でのウィーンフィルコンサートもあるし、
 冬は市内のいたるところでクリスマスマーケットが開かれ、
 それが終れば、バル(舞踏会)の季節。

音楽の都ウィーンですから、毎日のコンサート、オペラ。

(写真は楽友協会の黄金の間でのコンサート。)

あふれんばかりの観光地にさらにあふれんばかりのイベント。
私はウィーンに住むことができて本当に良かったと思います。

私がいったことのあるイベントは、左側の「イベント」カテゴリで少し紹介しているけれど、ごくごく一部です。ウィーンでは行ききれないほどのイベントが毎日目白おしなのです。

シーズンイベント、コンサートなどの他にも、美術館の特別展が良かったり、なにかの記念イベントだったり、長い夜シリーズも毎年楽しみにしていましたし、
ぼんやりしていると見過ごしてしまうイベントがいっぱいあるのです。

例えば、24日月曜日はイースターマンデーでお休みですが、
楽友協会の黄金の間で無料のコンサートがあります。
詳しくは、楽友協会のサイトでチェックしてもらいたいのですが、
Japan-Austria Music Goodwill Mission Concertというコンサートで、
多くの日本人が出演し、プログラムもハウルの動く城の曲が入っていたりでおもしろそうです。
時間や曲目↓
http://www.musikverein.at/konzerte/konzertprogramm.asp?idx=16938

私もどこで情報を手に入れたかよく覚えてないんですが、インターネット(日本語)だと、まったく検索できないですね・・・。

たしか、どこかでポスターを見たんだと思います。


イベント情報の入手は、自分自身がアンテナをはってないと手に入りません。例えばポスターで知ったり、お友だちに聞いたり。

観光案内所(オペラ座裏)などでもらえる月間イベントガイドは、
ドイツ語&英語ですが、シーズンイベントから、美術館の特別展、オペラ座、コンサートホールの演目、ウィーンのクラブイベント、ガイド付きお散歩ツアーの案内など、必要なことが書かれていますので、毎月入手していました。
(チケットのお値段や入場料が書いてないので、決定打になりませんが)

他には、和食レストランや日本屋さんでもらえる「月刊ウィーン」のイベント案内も参考になります。
なんたって、日本語ですから(笑)
あ、これって日本語で言うとそう言うのね〜と納得したり。


日本大使館のサイトのイベントページもこまめにチェックするといいかも。
http://www.at.emb-japan.go.jp/jp/kultur_veranstaltungen.html
日本関連のイベントが多数紹介されています。

4月17日の「Kirschenhainfest 桜の森祭」は行きたかったなぁ・・・。
ドナウインゼルの北側に日本から贈られた桜がたくさん植えられていて、「桜の森」になっているのです。
まだまだ若木だけれど、毎年毎年つける花が多くなってきて楽しみにしていたのです。

今年はウィーンの桜前線も早そうだから、そろそろ見に行ってみようかしら。
VICとドナウタワーの間のドナウパークの桜も見たいしっ。


ドイツ語が少しでもわかるなら、こんなサイトもあります。
http://www.events.at/
場所や目的に沿っていろんなイベントを検索できます。
今日のコンサートとか、子ども向けとか、今やってる特別展とか。


知らない間にすぎてしまったイベントに後悔しちゃったことも、何度もあります;;

あの特別展行きたかったのにー!いつの間にか終ってたー!とか(笑)

そうならないためにも、こまめにチェックすることと、友だちの輪を広げておくことかなぁ。
mixiのウィーンやオーストリア関連コミュでも、いろいろお世話になりましたっ!
posted by Alice at 20:32| ウィーン ☀| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする