2008年04月27日

Vienna Forever

とうとうウィーンとさよならをしました。
ちょうど2年間、ウィーンで暮らしました。
旅行に行った国は、7カ国。そして、日本帰国が1回。
オーストリアと7カ国、合わせて13000枚のデジカメ写真がたまりました。

最後の1週間は、信じられないくらい良く晴れて、4月の初旬だというのに20℃を越える暑さで、2年前、成田からウィーンに飛んできた4月、凍えるような寒さだったウィーンと同じウィーンとは思えませんでした。

厳しく出迎え、そしてやさしく送り出してくれたウィーン。



引っ越し作業は、幸いにも家具付アパートに住んでいたため、ほとんど荷物はなく、いくつかのダンボールだけで済んだので、思っていたよりもスムーズに進みました。

荷物を搬出してから最後3日はホテルに滞在し、ウィーンの各所に別れを告げに歩きました。


大好きだったシェーンブルン動物園。
年間パスを買って、通い続けました!

08ViennaForever_1.JPG

暑さでカバさんがだれてました。暑いんだからそんなに密着しなくても・・・(笑)

08ViennaForever_2.JPG

最近生まれたシロクマの双子ちゃん。

走り回ってて、うまく写真が撮れませんでしたが、めっちゃキュートでした!


それから、シェーンブルンの目玉(?)のジャイアントパンダのベビーを見に行ったのですが、ぐーすかぐーすか寝てるだけで、顔は見れないし、そもそも、ベビーというかなんというか、もう大人と比べてもよくわからないほど大きくなってしまっていました・・・。

もっと早く会いに来ればよかったーー!!



08ViennaForever_3.JPG

ずっと乗ろうと思っていて乗らなかった、コレにも初めて乗りました!

プラーター遊園地の大観覧車!

第三の男のワンシーンにも登場する、ふっるーい観覧車。

1つのBOXが、めちゃめちゃでかくて、5、6畳ぐらいあるんじゃないかな、って部屋。
部屋ごと、ぶら下がってグルグルと回る。

1度に12,3人乗り込んで、ワイワイと景色の写真を撮りながらウロウロするので、揺れる揺れる! さらに、次の人々が乗るときには、1,2分停止するので、かなり怖いです。回ったり止まったりを繰り返しつつ、20分ほど乗っていたかと思います。高所恐怖症の方は遠慮したほうがよさそうです。。

そんなに高さがあるわけではないので、期待していなかったのだけれど、ウィーンのほとんどを見ることができます。

レストランになっているBOXもあって、記念日などに貸切で食事を楽しめるようです。この日も着飾った熟年夫婦がワイングラスを傾けていて、とてもよい雰囲気でした。
(観覧車の降り口付近に厨房があって、下に来たときに料理がサーブされる。)
いいなぁ。素敵だなぁ。


他にも、ウィーンのシンボル・シュテファン寺院に最後のお参りに行ったり、その地下のカタコンベ(地下墓所)へ行ったり、カーレンベルクに登ってグリンツィングのホイリゲに行ったり、お気に入りのカフェやレストランへ行ったり、思い出深い場所をゆっくり散歩したり、ウィーンを満喫しました。

08ViennaForever_4.JPG

ウィーンの夜の姿も大好きで、何度も何度も写真に撮ったけれど、再びシャッターをきってしまいました。
夕闇につつまれゆくパーラメント(国会議事堂)



いつか、また、ウィーンを訪れる日まで、その姿を変えないでいてほしい。

ウィーンはいつも同じ匂いで迎えてくれることを祈って。


Vienna Forever

posted by Alice at 20:46| ウィーン ☀| 日記/たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする